学資保険は本当に必要なの?

学資保険は本当に必要なのか?学資保険と言えば、子供の将来の学費の為に貯蓄していく為の保険になりますが、選び方1つ間違えると損をしてしまう事も十分考えられるのです。実際に、私が知っているだけでも「学資保険の選択ミス」で損をしてしまったと言う方も少なくはありません。

例えばですが、「元本割れ」や「受け取り時期の間違い」等です。特に元本割れしてしまい大損をしてしまったと言う方もたくさんいらっしゃいます。このようになってしまうと、何の為に学資保険に加入したのか意味が分かりませんよね?いわゆる本末転倒と言うやつです。

学資保険は、子供の学費の為に加入する貯蓄型の保険で、使いたい時期に使えないと加入している意味すらありませんし、元本割れなんて以ての外です。

多くの方は、子供が生まれると同時に学資保険に加入しますが、果たして本当にそれは正しい選択と言えるのでしょうか?確かに子供の為に学費を貯めていく事は間違いではないのですが、必ず学資保険でお金を貯めなければならないと言う決まりはありません。

ましてや、上記で説明したように元本割れするような学資保険や、使いたい時に使えない学資保険ならなおさら加入する必要はないでしょう。

しかし、正しい知識を持って、正しい計画プランを立てて学資保険に加入する事で、あなたやあなたの子供にとってはとても有効な保険商品となる事は間違いではありませんので、まずは学資保険の事を知るようにしましょう。

そして、学資保険は本当に必要なのかどうかを解説していきますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

学資保険は本当に必要なのかの判断材料

一般家庭では必ずと言っても良いほど加入する保険が「学資保険」です。しかし、なぜ多くの方は学資保険に加入するのでしょうか?もちろん子供の将来の学費の為にと言う事は分かっているのですが、必ずしも学資保険に入る必要もないのも事実なのです。

ただ、学資保険に加入していない場合は、どうしても貯蓄が後回しになってしまったり、自分で積み立てていく事ができなかったりと言う事も多くなってしまいます。こうならない為にも有効な方法として加入するのが学資保険なのです。

ですが、学資保険は選択する商品を誤ると、上記で述べたような元本割れや、使いたい時に使えないと言う状況に陥る事もありますので、加入する際はしっかりと学資保険の保証内容や、商品の詳細を細かくチェックする必要があるのです。

学資保険は多くの方が利用している保険商品で、間違いさえしなければとても有効な保険商品になりますので、まずは学資保険の事を知る事からはじめましょう。

学資保険って何?

学資保険とは上記でも軽く触れましたが、いわゆる「貯蓄型の保険」の事で、個人年金保険等と同じような商品になります。ただ、学資保険に関しましては、あくまでも子供の学費の為に加入する保険になります。

学資保険に加入して、毎月コツコツと積立てをしていき、ある年齢に到達すると「祝い金」や「満期金」として給付金を受け取る事ができるのです。また学資保険は、保険会社によって名称が異なる場合等もあるので注意が必要です。保険会社によっては「こども保険」等の名称で学資保険と同じような内容の保険商品が販売されている事もあります。

それから、学資保険は生命保険会社が扱っている保険商品なので、契約者である親に万が一の事態があった場合や、子供が病気やケガ等で入院した際に給付金を貰える医療保険等が付いている保険商品もあります。このような保証が付いているかいないかも、保険の知識が無い方でしたら何も知らずに契約してしまい損をする事も良くある話です。

学資保険と一口に言っても種類はさまざまで、特約等が付いていたり、保証内容が異なったりといろいろなので、必ず加入前に商品の保証内容等を確認する事が重要になってくるのです。保険会社の販売員の言う事を全て鵜呑みにして契約してしまうと、後でとんでもない事にもなり兼ねません。

ですから、まずは自分である程度で大丈夫ですので学資保険の事を知る事が大事になってくるのです。また、学資保険の専門知識を持っているFP(ファイナンシャルプランナー)等に相談するのも良いでしょう。

子供にかかる学費はどれぐらい?

子供が生まれると必ず必要になるものが「学費」です。しかし、小学校に入学してから高校を卒業するまでに学費がどれぐらい必要になるのか把握している人はほとんどいないのではないでしょうか。そこで、小学校入学から高校卒業までにかかるおおよその学費を表にまとめてみましたので参考にしてみてください。

1年間の教育費
幼稚園 小学校 中学校 高校
公立 約23万円 約30万円 約45万円 約40万円
私立 約54万円 約145万円 約130万円 約90万円

上記の表を参考に計算すると、幼稚園から高校卒業するまで全て公立で通っても、約500万円必要になります。そこから大学に進学するとなると、追加で500万円以上必要になり、総額で1,000万円以上のお金が必要になってくるのです。

国立大学 私立大学文系 私立大学理系
入学から卒業まで必要なお金 500万円~ 600~700万円 800~900万円

以上のように学費だけでも相当なお金が必要になる事が分かります。また、全て公立で通っても1,000万円以上必要になり、私立に通うとなるとそれ以上のお金が必要になってくるのです。

学費の総額は公立に通うか私立に通うかで大きく変わってきますので、しっかりと計画しておく事が重要になってきます。

参考:子供の学費はいくらかかるのか?幼稚園から大学までに必要なお金

学資保険は正しい商品を選択すると得する事がある

学資保険は選ぶ商品で大きく変動します。中には元本割れして損をしてしまう保険商品もありますが、商品選択さえ間違わなければ払込み保険料よりもかなり多く受取り額を貰えて得をする事もあります。

近年は低金利の時代となってしまったので、金融機関にお金を預けてもほとんど利息が付着ません。しかし、学資保険の場合は、保険商品にもよるのですが受取総額が10%程増える学資保険も中にはあるのです。

ですから、学資保険に加入する際は、しっかりと保険商品を選定する必要があるのです。くれぐれも元本割れしてしまうような学資保険を選択しないようにご注意ください。

受取り総額が払込み総額よりも多くなる例
保険契約者:30代男性
子供:0歳
毎月の保険料:月々10,000円
18歳までの払込み 満期時の受取り保険金2,370,000円

【10,000円×12ヶ月×18年=2,160,000円】

支払い保険料総額:2,160,000円

満期保険金2,370,000円-支払い保険料総額2,160,000円=210,000円

上記の例はあくまでも一例ですが、支払い保険料総額が2,160,000円に対して、満期時の受取保険金が2,370,000円なので、210,000円も得する事になります。

学資保険は、個人年金保険等の商品と同様の貯蓄型の保険商品になりますので、返戻率(戻り率)の高い学資保険を選ぶようにしましょう。

学資保険の生命保険機能を活用する事で保険料が免除になる

ほとんどの学資保険は、生命保険会社が販売している保険商品になりますので、生命保険機能が付いている事が多く、その場合は生命保険料が免除される事もあるのです。

例えば、契約者である親に万が一の事があった場合で、保険料の支払いが困難になった場合は保険料が免除になると言うのが一般的なのです。

最近の学資保険には、ほとんどの場合「保険料免除」が付いているので、契約者である親に万が一があっても毎月の保険料の支払いが免除され、なおかつ将来支払われる予定の満期金や祝金は契約通りに受け取る事が可能となっているのです。

学資保険には、このような保険金免除が付いているので安心して加入する事ができます。

生命保険料控除の対象になる

学資保険に加入する事で、生命保険料の控除対象になります。生命保険料控除の申請を行う事で、その分が所得から差し引きされるので所得税はもちろん住民税も減額されるのです。ですから、学資保険に加入しましたら、会社員の方は年末調整、自営業者の方は確定申告を必ずするようにしましょう。

生命保険料控除と言う名前なので、もちろん生命保険料を支払う事で所得税や住民税の軽減対象になりますので、学資保険に限らず生命保険料もきちんと申告して還付を受けるようにしましょう。

学資保険に加入する事で確実にお金を貯蓄する事ができる

学資保険の最大のメリットは、「確実にお金を貯める事ができる」と言う点です。お金を貯めるのが苦手な人ほど学資保険を利用すると良いでしょう。

ただし、学資保険は途中で解約してしまうと損をする可能性がありますので解約しないようにご注意ください。ですから、きちんと計画して、毎月の保険料は無理のない金額を設定するようにしましょう。

学資保険に加入する時の注意点

学資保険に加入する時の注意点としましては、「頑張り過ぎない」と言う点です。学資保険の毎月の保険料は無理のない範囲で設定するようにしましょう。生活に支障を来してしまうような保険料に設定をすると、途中で解約しないといけないようになってしまう場合もあります。

学資保険は途中解約すると、損をする確率が非常に高いので無理のない範囲で保険料を設定して計画的に加入するようにしましょう。

それから、学資保険の商品の中には「育英年金」や「医療保険」等の保証が付いている場合があり、これらの保証が付いている学資保険だと保険料が発生している事になるので、元本割れしてしまう可能性もあるので注意が必要です。ですから学資保険に加入する際は、保険商品に内容をきちんと把握するようにしましょう。

その他にも、子供の年齢によっては加入できない保険商品等もありますので、子供が生まれましたらまずは保険の専門家であるFPに相談してみてはいかがでしょうか。

元本割れとは
元本割れとは、払込み保険料の総額よりも、戻ってくるお金が少ないと言う事です。

参考:学資保険の元本割れについて

学資保険が不要な場合

学資保険は上記で解説した通り加入するととても便利で有効的な保険商品ですが、必ず加入しないといけないと言う訳でもないのです。学資保険に加入した方が良い人は、「貯蓄が苦手」な人です。

しかし、既に将来子供にかかるであろう学費を準備できていると言う人は、学資保険に加入する必要は無いのです。

学資保険はあくまでも、子供の将来の学費の為に加入して貯蓄しておくものであって、お金に余裕があると言う方は加入する必要は無いのではないでしょうか。

以上の用に学資保険は加入するととても有効で便利な保険商品の1つですが、必ず加入しておかないといけないと言う保険商品でもないのです。

十分な貯えがなく将来的に子供の学費で不安と言うお場合に加入する保険になります。上記でも解説した通り、子供の学費は幼稚園から高校生までで考えると、全て公立にしても500万円程必要になり、大学まで進学するとなると1,000万円程必要になります。

これが、私立中学や、私立高校に通い、私立大学の理系に進学するとなると、倍程の学費が必要になってくるのです。将来の事は分かりませんが、子供の事を考えると、それなりの学資保険に加入しておいた方が良いでしょう。

学資保険は、子供の将来の学費を貯蓄しておく有効な手段の1つです。また、新たに子供が誕生すると家族が増えるので、生命保険等の見直しも必要になってきます。学資保険に加入する時は、将来の貯蓄と保証内容のバランスをしっかりと把握したうえで加入する事が大事です。

また、幼稚園から大学までの全ての学費を学資保険で貯蓄する必要もありませんので、バランスよく利用する事が重要になります。毎月の負担を少なくして生活に支障を来さない程度の学資保険が良いのではないでしょうか。

それから、FPの方にも言われると思いますが、学資保険は種類が豊富で単純に貯蓄だけができる商品や、いろいろな保険が付いている商品もあります。基本的には学費の貯蓄を目的としている保険商品なので、他の保証は不要なのです。とは言っても、付いていると助かる特約や保険もありますので、しっかりと独立系FPの方に相談してから加入する事をおすすめします。

はじめは難しく考えずに毎月支払う保険料に対して将来どれぐらいの給付金を受け取る事ができるのかと言う点を理解しておけば問題ないでしょう。保険無料相談サービスを利用すれば、あとはFPの方が中立的な立場でアドバイスをくれるので安心して学資保険に加入する事ができるのではないでしょうか。

保険の新規加入や見直しの相談がFP(ファイナンシャルプランナー)に無料でできる保険無料相談サービス>>

スポンサーリンク