学資保険のメリットとデメリット

多くの方が加入している保険の1つに「学資保険」があります。しかし、「学資保険って何?」と言う人や、「学資保険は本当に必要なの?」と思っている人も少なくはないのではないでしょうか?

一般的に「子供が生まれると学資保険」と言うような流れになっているので、ほとんどの人は学資保険に加入すると思いますが、学資保険にはメリットもありますしデメリットもありますので、必ずしも学資保険に加入すると良いという事でもないのです。

学資保険は子供の将来の学費を貯める為には有効な保険商品なのですが、上記のリンク先の記事でも述べたように、中には不要な人が居るのも事実なのです。

また、これから学資保険に加入しようとしている人は特に注意が必要なのですが、まずは学資保険の商品内容をしっかりと理解する事が重要になってきます。そして、学資保険にはどのようなメリットとデメリットがあるのかも合わせて理解しておくとより安心できるのではないでしょうか。

今回は、学資保険の商品についてと、学資保険のメリットとデメリットについて解説していきますので、これから学資保険を検討すると言う人は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

学資保険について

学資保険の事を良く分かっていないと言う人の為に、まずは学資保険について簡単に解説していきたいと思います。

学資保険とは、「子供の将来の学費を積立する保険商品のこと」を言います。子供の学費は幼稚園から高校を卒業するとなると、全て効率の場合でも約500万円程必要になります。また国立大学に進学する場合は約500万円、私立大学の理系に進学する場合は800~900万円程のお金が必要になります。

既に貯蓄がある場合は学資保険に加入する必要は無いのですが、これから頑張って溜めていくと言う場合は、学資保険を利用するととても有効な保険商品なのでおすすめです。

学資保険の仕組みは、満期金を設定して毎月一定額をコツコツと積立てていき、ある年齢に達した時に満期金や祝金等の名目で給付金を受け取る事ができると言うものです。しかし、学資保険の商品内容によっては、元本割れ(元本割れとは、払込み保険料の総額よりも、戻ってくるお金が少ないと言う事です。)する事もありますので、しっかりと商品内容を選定る必要があるのです。

また、学資保険は生命保険会社が販売している商品なので、死亡保証や医療保障が付いているものもあります。契約者である親に万が一の事が起こったとしても死亡保証や医療保障が付いていれば安心です。このような事態で毎月の支払いが困難になっても、保証が付いているので、「毎月の保険料の支払いが免除され」なおかつ「将来支払われる予定の満期金や祝金は契約通りに受け取る事が可能」となっているのです。

参考:子供にかかる学費はどれぐらい?

【学資保険の例】

契約者/対象者 30代男性/子供0歳
毎月の保険料金 15,000円
保険料払い込み期間 18歳まで
受取り給付額 3,500,000円
返戻率 108.0%

上記の学資保険の例で考えると、小学校を卒業して中学校に進学する時に80万円、中学校を卒業して高校に進学する時に80万円、高校を卒業して大学に進学する時に残りの190万円を受け取るような形になります。

毎月15,000円の保険料なので年間180,000円になります。180,000円を18歳まで毎年払い続けるので、総支払い額は3,240,000円になります。

つまり、学資保険に加入して18年間毎月15,000円支払い続ける事で、最終的には260,000円増える事となり、払込み保険料に対して返戻率(戻り率)108.0%と言う事になるのです。つまり学資保険は、この返戻率が高ければ高いほどお得な保険商品という事になるのです。

それから、上記でも述べましたが契約者である親に万が一の事が合った場合は、毎月の保険料の支払いが免除になる上に、契約通りに給付金を受け取る事ができるのです(※学資保険の商品によっては、満期を設定している年齢に到達した時に給付金を一括で受け取る事ができると言う場合もありますので、加入する際に必ず確認するようにしましょう。)。

学資保険に加入した方が良い人とそうでない人

学資保険の保証内容については、上記記事で解説した通りなのですが、実は「学資保険に加入した方が良い人」と「学資保険に加入しなくても良い人」とで二分します。

つまり、「必ずしも学資保険に加入しなければならないと言う訳ではない」と言う事です。

では、一体どのような人が学資保険に加入した方が良いのでしょうか?また、どのような人が学資保険に加入しなくても良い人なのでしょうか?それぞれの特徴を見ていきましょう。

学資保険に加入した方が良い人

  • お金を貯めるのが苦手な人
  • 低金利のため金融機関に預けておくのは勿体ないと思っている人
  • 毎月安定して積立てしたい人
  • 毎月確実に積立てをしていきたい人
上記のような人は学資保険に加入する事をおすすめします。学資保険の目的は、「子供の将来の学費の為の貯蓄」です。自分で貯蓄できないと言う人や、確実に安定して貯蓄をしていきたいと言う人は学資保険に加入した方が良いでしょう。

学資保険に加入しなくても良い人

  • 子供の為の将来の学費の準備が整っている人
  • 学資保険よりも生命保険や医療保険をメインに考えている人
  • 株式投資等の資産運用で貯蓄を増やしたいと言う人
上記のような人は学資保険に加入する必要は無いでしょう。既に将来の学費の貯えがある場合や、自分で資産運用して貯蓄すると言う場合は学資保険に加入する必要はありません。

以上のように、学資保険が必要かどうかは二分する事が分かります。学資保険はあくまでも子供の学費を貯める為のもので、必ず加入しなければならないと言う保険商品ではありません。

しかし、子供の将来の学費を貯めて行くのに有効な保険商品であるという事に間違いはないでしょう。ですから、上記で紹介したようなお金を貯めるのが苦手と言う人は学資保険を利用した方が安心できるのではないでしょうか。

ただし、メリットばかりのように見える学資保険にも当然デメリットはありますので、学資保険のメリットとデメリットを理解した上で加入するようにしましょう。それでは学資保険のメリットとデメリットについて解説していきたいと思います。

学資保険のメリットとデメリット

学資保険にはメリットとデメリットがあります。これから学資保険に加入しようと検討中の方は是非参考にしてみてください。

学資保険のメリット

学資保険には以下で挙げるようなメリットがあります。

確実にお金が貯まっていくので安心

子供の将来の学費の為にお金を貯蓄している人も少なくはないのではないでしょうか。しかし、自分でお金を貯める事が苦手と言う人や、ある程度貯まったのに急な出費で崩してしまうと言う場合も少なくはないのではないでしょうか?

金融機関に預けている場合は、いつでも簡単にお金を引き出す事ができてしまうので、なかなかお金が貯まらないと言う方も少なくはありません。

しかし、学資保険を利用する事でお金は徐々に貯まっていきますし、引き出す事ができないので上記のような心配はないのです。つまり、確実にお金が貯まると言う事なのです。

金融機関よりも貯蓄性に優れている

近年はどこの金融機関にお金を預けても低金利の時代なので、それほどメリットがありません。しかし、保険会社が販売する学資保険の場合は、保険商品にもよるのですが受取時の保険金が払込み保険料よりも10%程も増える商品等もあります。

金融機関に預けていても利息がほとんど付かないので、学資保険で確実に貯蓄して、受取時にたくさんの給付金を受け取る方がお得なのです。

契約者に万が一の事が起こっても保険料が免除になり給付金を受け取る事ができる

学資保険の契約者は親になります。そして、学資保険は生命保険会社が販売している商品になりますので、ほとんどの学資保険には生命保険機能が付いていて、契約者である親に万が一があっても保険料が免除になる仕組みになっているのです。

契約者である親が死亡した場合や、病気等で保険料の支払いが厳しくなった場合は。上記のような生命保険機能が付いている学資保険の場合だと毎月の保険料の支払いが免除になります。しかも、契約通りにある時期が来ると祝金や満期金もきちんと受け取る事ができるのです。

学資保険は生命保険料の控除対象なので税金が軽減される

学資保険は生命保険会社が販売する商品で、生命保険料控除の対象となります。したがって、所得税や住民税の控除対象となるのです。所得税で最大40,000円、住民税で最大28,000円が控除されるかたちとなります。これが金融機関等の定期預金やその他の金融商品にはない学資保険の魅力の1つとも言えるのではないでしょうか。

ただし、あくまでも控除額になりますのでそのまま控除額を受け取れると言う意味ではございません。1年間の課税所得からそれぞれの保険料控除額を差し引きし、そこに所得税率をかけた金額が控除されると言うわけです。

例えばですが、課税所得が500万円の場合で、所得税率が10%の場合で所得税40,000円分と住民税28,000円分の控除を受けると、6,800円の所得税が控除される事になります。これが18年間となると、124,000円も税金が軽減されることになるのです。

このように、学資保険に加入するとそれだけで税金が軽減される事になりますので、これもメリットの1つと言えるのではないでしょうか。

学資保険のデメリット

学資保険は上記で解説した通りメリットがたくさんありますが、実はデメリットもありますので以下でご紹介したいと思います。

学資保険は長期間資金が拘束され途中解約すると損をする

学資保険のメリットでもご紹介しましたが、学資保険は貯蓄性に優れていて確実にお金を貯めていく事ができます。しかし、10~18年と言う長期間お金を貯めていくかたちとなりますので、満期までに何があるかわかりません。

もし何かしらの理由で学資保険を解約する事になるのであれば、「元本割れ」してしまい大損してしまう事も考えられるのです。また、学資保険は長期的に資金が拘束されるのでどうしても換金性が低くなってしまいます。

いざと言う時に使えるお金ではありませんので、はじめにしっかりと計画を立ててから学資保険に加入する事をおすすめします。学資保険は、はじめに決めたプラン通りにやりきる姿勢が重要になってきますので、無理のないプランを立てるようにしましょう。

学資保険はインフレに弱い

現在は低金利の時代だからこそ金融機関にお金を預けるよりも、学資保険でお金を貯蓄した方がお得なのですが、市場の金利が上昇するような事があれば学資保険の方が不利になり可能性もあるのです。

学資保険は、10~18年間利回りが固定された状態で積立てをしていきます。しかし、金融機関の場合は金利の変動に合わせて利息が付いていく事になるので、金利が上昇すれば利息もたくさん付く事になるのです。

現在のような低金利のタイミングでの運用商品は、短期の固定金利や変動金利のものを選ぶのが良いと言われていますので、今後大きなインフレになってしまった場合には、学資保険は大きなデメリットしなってしまう可能性も十分に考えられるのです。

以上のように学資保険にもメリットとデメリットがあります。ですが、しっかりと計画性をもって商品選びさえ間違えなければ、とても有効な保険商品と言う事が言えますので。お金を貯めるのが苦手な人には最適の保険商品と言えるのではないでしょうか。

学資保険の種類もさまざまで、素人の方が適当に選んで加入すると大きく損をしてしまう事も良くある話なので、元本割れや途中解約等を避ける為にも、専門家であるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談して加入する事をおすすめします。

独立系FPの方でしたら、保険会社とあなたとの中立的な立場で的確なアドバイスをしてくれるので安心して相談する事ができます。もし、学資保険で悩んでいるのでしたら、インターネットの保険無料相談サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

インターネットの保険無料相談サービスで最も多い相談が学資保険>>

スポンサーリンク