学資保険は見直しをした方が良いの?

子供が生まれると多くの方は「学資保険」に加入します。学資保険とは、子供の将来の学費の為に貯蓄をしておく「貯蓄型の保険商品」になります。現在は、低金利の時代なので金融機関にお金を預けておくよりも、学資保険等で積立てをしていく方が将来的に得をする事になります。

ただし、全ての学資保険が特をすると言う事はなく、もちろん損をしてしまう学資保険も中にはあります。そのうちの1つが「元本割れ」になるのですが、現在既に学資保険に加入している方は大丈夫ですか?その学資保険元本割れの危険はないですか?

学資保険の元本割れとは、簡単に言いますと「払込み保険料の総額よりも、満期時の給付金の方が少なくなること」を言います。

参考:学資保険の元本割れについて

元本割れするかどうかは、現在加入している保険商品の保証内容等を確認すればすぐに分かります。しかし、保険の事を何も知らない素人の方が保険証券等を見ても分からない場合がほとんどです。もし、あなたが加入している学資保険が心配でしたら、一度保険の専門家であるFP(ファイナンシャルプランナー)に見てもらう事をおすすめします。

最近は、保険無料相談サービスが充実しているので、スマホやパソコンから簡単に申し込むことができるのでおすすめです。FPに見てもらう事で何も問題なければそのまま継続すれば良いですし、元本割れの危険性があるのでしたら、今すぐにでも乗り換えた方が良いでしょう。

保険の新規加入や見直しの相談がFP(ファイナンシャルプランナー)に無料でできる保険無料相談サービス>>

スポンサーリンク

学資保険も見直した方が良い

学資保険は貯蓄型の保険で、満期時にどれぐらいの給付金を受け取る事ができるかと言う事をある程度分かりますが、中には何も知らずに加入して元本割れを起こしてしまうこともあるのです。しかし、それに気づくのは十数年後の満期時になります。こうなってしまっては、既に遅く見直しをする事すらできません。

ですから、学資保険に加入したからと言って安心しないでほしいのです。学資保険は加入してからある一定期間続けている場合は乗り換える事が難しくなりますが、はじめて数年しか経過していない場合は見直しをしておく事をおすすめします。

特に、保険販売員を通して学資保険に加入している場合は、虚偽の説明や誤った説明を受けている可能性が多く元本割れ等の損をしてしまう学資保険に加入している場合があるからです。保険販売員全てが悪いと言っている訳ではなく、中には自分の成績の為や会社の利益の事しか考えていないと言う人がいるのも事実なので注意が必要なのです。

現在加入している学資保険が心配で見直しをしたいと言う場合は、必ず保険の専門家でもあるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するようにしましょう。なぜならFPは中立的な立場でアドバイスをしてくれるので、本当にその学資保険は大丈夫なのかと言う事をしっかりと見てくれるからです。

しかしFPさまざま居て、保険会社に属しているFPだと意味が無いのです。なぜなら、自社の保険商品しかすすめてこないからです。しかし、保険無料相談サービス等のFPは独立系のFPなので、どこの保険会社にも属していないので安心して相談する事ができるのです。

例えば、現在加入しているA社の学資保険よりもB社の学資保険が良いと言う場合も細かく説明してくれるので安心して乗り換える事ができます。もちろん手続きも全て無料でFPが行ってくれるので安心です。もし学資保険の見直しをしたいと言う場合は、細かい計算が必要になってきますので、必ずFPに相談するようにしてください。

>>独立系FPに学資保険の無料相談をしてみる

既に元本割れの学資保険に加入してしまっている場合

現在加入している学資保険が既に元本割れしてしまっていると言う場合は、乗り換える事をおすすめします。元本割れの学資保険に加入していることほど意味のない事は無いので今すぐにでもFPに相談した方が良いでしょう。特に加入してまだ数年しか経過していないと言う場合は、それほど損をする事なく乗り換える事が可能なので、見直すなら早めの方が良いでしょう。

見直しをするタイミングはそれぞれですが、既に元本割れしている事が分かっているのでしたら、迷わずに即行動に移してください。損をしてでもそのまま継続するのでしたらそれは構いませんが、その時が来て後悔する事になりますので、面倒だとは思いますがFPに相談して乗り換えておいた方が良いでしょう。手続きは全て無料でFPが行ってくれるので安心です。

保険販売員から虚偽の説明を受けて加入した場合

生命保険や学資保険に加入する方法として最も一般的なものは、各保険会社の募集人、いわゆる保険販売員の方から加入すると言う方法です。この場合、メリットばかりを伝えられてデメリットの説明が1つもないと言う場合もあります。このようなケースは良くある話で、加入してから気づくと言う事もあります。

こうなってしまうと、その保険会社に異議申し立てをする事となると思いますが、ほとんどの場合は納得する返事をもらえません。すると次は裁判と言う流れになるのですが、裁判は費用も相当かかりますし手続きも面倒で非常に体力も使います。

このような場合は、国民生活センターのADR(裁判外紛争解決手続き)を利用する事をおすすめします。これは一般社団法人生命保険協会が「紛争解決機関」として紹介している制度です。こちらを利用すると、あなたと保険会社の間に入ってもらいいろいろと助言や手助けをしてくれるのです。

ほとんどの場合は、この国民生活センターのADRに相談すると解決しますが、もし解決しない場合は裁定審査会に裁定申し立てを行っていきます。申し立てが受理されましたら裁定手続きに入っていきます。裁定費用はもちろん無料になります。

>>紛争解決(裁定)手続の流れ

以上のように学資保険の見直しをする事も重要なのです。保険販売員の説明を鵜呑みにして、何も知らずに損をする学資保険に加入していると言う方もたくさんいます。満期時期に気づいても遅いので、学資保険の見直しは早めにしておいた方が良いのです。それに、見直しをしても何も問題なければ解約せずにそのまま継続すれば良いだけなので相談するだけでも安心できるのではないでしょうか。

特に学資保険に加入した時期が1~2年前と言う場合でしたら見直しをしておいた方が良いでしょう。なぜなら、当時の学資保険よりも確実に条件が良くなっているからです。1~2年ぐらいの期間でしたら解約して乗り換えても損をする事は無いので安心です。むしろ十数年後に得をする事になるので見直しをしてみると良いでしょう。

>>独立系FPに学資保険の無料相談をしてみる

スポンサーリンク