学資保険よりも低解約返戻金型保険の方がお得?

子供が生まれると学資保険に加入する方が多い中で、場合によっては「低解約返戻金型保険」に入る方も少なからずいらっしゃいます。学費を目的として貯蓄するのであれば学資保険で十分なのですが、学費を目的とせずに子供の将来の為にお金を貯蓄しておきたいと言う場合は低解約返戻金型保険の方がお得な場合もあります。

しかしあまり聞きなれない保険商品になりますので、「低解約返戻金型保険って何?」と思われている方も少なくはないのではないでしょうか?そこで今回は、「学資保険」の代わりに加入される方も多い低解約返戻金型保険について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

低解約返戻金型保険について

低解約返戻金型保険とは、保険料の払込み期間中に解約した際の解約返戻金を少なくする代わりに、保険料が割安に設定されている保険商品の事です。いわゆる生命保険と同じで、死亡保障もしっかりついているので子供の為に貯蓄していくと言う意味では安心できる保険商品です。

それに払込み期間さえ完了すれば普通の保険と同じ解約返戻金の水準に戻り、長期的に解約しなければ返戻率はどんどん高くなると言う仕組みの保険商品になります。

この低解約返戻金型保険の良い所は、学費としてももちろん使えますし、学資保険と同等かそれ以上に貯蓄性があると言う点です。つまり、学費として貯蓄できる保険は学資保険だけでは無いと言う事です。子供が生まれてお金を貯蓄したい!だけど目的が分からないと言う方は低解約返戻金型保険を選択する場合が多くなっています。

ここで気になるのが「どちらがお得なの?」と言う事だと思いますが、場合によっては低解約返戻金型保険の方がお得と言える場合もあるのです。その理由としては以下のような点があげられます。

  • 学資保険と同等かそれ以上の返戻率がある
  • 保険の加入時期が自由
  • 保険金の受取時期が自由
  • 払込み完了後も据え置く事で返戻金が増え続ける
  • 生命保険なので死亡保険金を受け取れる

以上が低解約返戻金型保険の良い点です。

低解約返戻金型保険は学資保険と同じような積立て型帆保険で、払込み期間が完了すると今まで積み立てていたお金を満期金として受け取る事ができるのです。しかも、払込みが終わってからも解約せずにおいておくと自動的に解約返戻金が増えていくので、その時に必要なければ解約せずに置いておけばよいのです。

例えばですが、子供が0歳の時に低解約返戻金型保険に加入して15歳になる時に払込みが完了するように契約しておいて、15歳の時に解約せずに大学に進学する時に受け取るように据え置く事で、払込みは完了しているにもかかわらず返戻金の額が増えるのです。

さらに、死亡保障も付いているので万が一契約者である親が死亡した場合は死亡保険金としてすぐにお金が下りてくることになるのです。

【低解約返戻金型保険の例】

契約者 30代男性
毎月の保険料金 15,000円
保険料払い込み期間 15年
払込み保険料総額 2,700,000円
死亡保障 5,000,000円

例えば上記のような契約内容で低解約返戻金型保険に加入していた場合、毎月15,000円の積立てで15年後には2,700,000円を受け取る事ができるのです。子供が0歳の時に加入すると、ちょうど15歳の時に払込みが完了するので高校の学費としても利用することができます。それから、もしこの時にお金が不要と言う場合でしたら解約せずにそのまま置いておいて大学に進学する際の入学費用や学費として利用する事も可能なのです。

例えばですが、15年でが払込みが完了して解約返戻金を受取る場合は2,700,000円なのですが、18年後に解約して返戻金を受け取る場合は3,000,000円になっていると言う事なのです。また、そのまま大学進学の時にも不要な場合は解約せずにそのまま据え置く事でお金は増え続けていきますので、必要ないのであれば解約せずに据え置いた方が良いでしょう。

それから、解約するまでの間に契約者である親が死亡した場合は500万円の死亡保険金も併せて受け取る事ができるのです。ただし、払込期間が完了する前に解約してしまうと大きく元本割れしてしまい、今まで積立ててきたお金が大幅に減ってしまうので加入する際は将来の事をしっかりと見据えて加入する事をおすすめします。

低解約返戻金型保険には終身型と定期型がある

低解約返戻金型保険には「終身型」と「定期型」があります。終身型は少し積立率が悪いのですが市場の金利によって変動するタイプの「積立利率変動型」や、一定期間で余剰金が出た場合はその都度プラス分を受け取る事ができるタイプの利差配当型があります。

定期型の場合は、積立率は高いのですが契約時に固定されてしまうので市場の金利が上昇したところで受け取れる金額は変わらない保険商品となっています。つまり学資保険と同じと言う事です。

終身型と定期型ではどちらが有利なのかと言いますと、現在は低金利の時代で今後急激に金利が上昇するとは考えにくいので、学資保険と比較するのであれば定期型の方が安心なのではないでしょうか。

低解約返戻金型保険のメリット

低解約返戻金型保険は学資保険と比較するとメリットとデメリットがありますので、まずはメリットから解説していきたいと思います。

学資保険よりも返戻率が高い

低解約返戻金型保険は一般的に見ても学資保険よりも返戻率が高い事が言えます。つまり、満期時に受け取る事ができる給付金が学資保険よりも低解約返戻金型保険の方が多くなると言う事です。

因みにですが学資保険の一般的な返戻率は「105~110%」程で、低解約返戻金型保険の返戻率は「105~112%」となります。数字だけで見ると低解約返戻金型保険の方が返戻率が高いのですが、満期金や払込期間によって変わる場合もあるので、この程度の差でしたら同じレベルなのではないでしょうか。

ただし、低解約返戻金型保険には返戻率を上げる事ができる仕組みがあるのです。学資保険と低解約返戻金型保険の満期時の返戻率はそれほど大差はないのですが、低解約返戻金型保険の場合は解約せずに据え置く事で年々返戻率が上昇していくと言うメリットがあるのです。

上記でも軽く触れましたが、15年間の払込み機関で契約していた場合でも、18年後に受け取る事も可能ですし、それ以上の期間据え置く事が可能なのです。こうする事によって、どんどん満期金が増えていくので、据え置く期間によっては学資保険よりも圧倒的にお得と言う事が言えるのです。

ですから、目的が無いけど子供の将来の為に貯蓄をしておきたいと言う場合は、低解約返戻金型保険の方が有効になる場合もあるのです。大学に進学しない場合は、解約せずに据え置く事で解約時に受け取れる金額もどんどん増えていきます。もちろん払込期間は完了しているので毎月の積立ても終了しています。

また、大学に進学しなかった場合は、結婚資金としても利用する事ができるのでさまざまな使い道を選択できるのも低解約返戻金型保険の良い所ではないでしょうか。

低解約返戻金型保険は受け取り方が自由

低解約返戻金型保険は満期が来ても据え置く事で解約返戻金が増えていきます。この時に解約して返戻金全額を受け取る事もできますし、一部だけ残して据え置く事も可能なのです。もちろん全額まとめて据え置いた方がより多く積み立てられていくのでお得なのですが、急に入用ができる場合もありますよね。このような時に満期を迎えていれば自由にお金を受け取る事ができるのです。

それに、学資保険の場合はあらかじめ満期の時期を18歳、22歳と固定されていますが、低解約返戻金型保険の場合は満期時器を自由に設定する事ができるのです。ただし、学資保険の祝金のように進学するたびに小学を受け取れるシステムはありませんのでご注意ください。

低解約返戻金型保険は子供が生まれていなくても加入できる

子供が生まれてから学資保険に加入すると言う場合が一般的ですが、実は学資保険も子供が生まれる前に加入する事が可能なのです。ただし、妊娠6ヶ月等の一定の条件があります。なぜなら被保険者が生まれてくる子供になるからです。

しかし低解約返戻金型保険の場合は、いわゆる生命保険であり、さらには被保険者が子供である必要は無いので子供が生まれていなくても、妊娠していなくても加入する事が可能なのです。中には、結婚した時点で将来を見据えて生まれてくる子供の為に貯蓄をしておきたいと言う方も少なくはないのです。

つまり、自分が被保険者になって低解約返戻金型保険に加入すれば良いと言う事です。積立ての開始時期は早いに越した事はないので、1日でも早く効率よく積立てしていきたいと言う人には低解約返戻金型保険がおすすめです。

契約者である親に万が一の事態が起きた時に受け取れる金額が大きい

最近では学資保険にも死亡保障もが付いているものもありますが、低解約返戻金型保険の場合は基本的に生命保険になりますので、被保険者が死亡した際や、高度障害状態になった場合はすぐに死亡保険金がおりるシステムになっているのです。もちろん契約はその時点で終了となり、払込期間が完了していなくても積立てをする必要もなくなるのです。

しかし、学資保険の場合は、あくまでも死亡保障であるので毎月の支払いは免除されますが、契約は続行中になりますのでその時点でお金を受け取ることはできないのです。つまり、お金の受取り時期は祝金の設定時期である12歳、15歳や満期時期である18歳、22歳の時になると言う事です。

学資保険も低解約返戻金型保険もお金を受け取る事はできるのですが、先に受け取るか後で受け取るかの違いによってライフスタイルが大きく変わってくるのではないでしょうか。一家の大黒柱である契約者の方が亡くなった場合は、やむなく教育プランを変更しなくてはならなくなる場合も当然ありますし、今後の生活の問題もあると思います。

残された家族が生活していく為にまとまったお金をすぐに用意しないといけなくなった場合は、学資保険よりも低解約返戻金型保険の方が安心です。それに、学資保険の満期時に受け取れる学資金よりも低解約返戻金型保険の返戻金と死亡保険金の方が圧倒的に受け取れる金額も多くなるので、返戻率がそこまで変わらないのであれば低解約返戻金型保険の方が良いのではないでしょうか。

低解約返戻金型保険のデメリットについて

上記で低解約返戻金型保険のメリットについて解説してきましたが、低解約返戻金型保険にもデメリットがあります。上記の内容だけを見るとメリットが多く学資保険よりも優れているように見えますが、以下で説明するデメリットもしっかり理解したうえで加入する保険を選択するようにしましょう。

低解約返戻金型保険のデメリットはズバリ「途中解約のペナルティ」です。払込期間中に解約すると大きく元本割れしてしまうと言うデメリットがあります。一般的には70%程も元本割れしてしまうと言われているのです。学資保険も途中解約すると元本割れを起こしてしまいますが、低解約返戻金型保険ほどではないのです。

特にある一定期間払込んでいる場合の途中解約には注意が必要です。低解約返戻金型保険に加入してからすぐに解約するのであればそれほどダメージは大きくないのですが、低解約返戻金型保険は途中解約しないと言う事を前提に加入しないと大変なことになってしまうのです。

「途中解約しなければ良いだけでしょ!」と思われた方も多いと思いますが、不景気が続いているので収入がいつ不安定になるかは分からない時代です。勤めている会社が倒産してしまったり。リストラにあってしまったりすると、途中解約せざるを得ないと言う状況になる場合もあります。

しかし、「何が起こっても絶対に解約しない!」と言う自信がある人にはおすすめの保険商品ですが、そうでない人にはリスクが高い保険商品となりますので、学資保険の方が良いと言う場合もあります。いずれにしても、子供の将来の為に積み立てる保険商品になりますので、人生設計の専門家であるFPに相談してから決める事をおすすめします。

保険の新規加入や見直しの相談がFP(ファイナンシャルプランナー)に無料でできる保険無料相談サービス>>

以上のように子供の学費の為に貯蓄する保険は学資保険だけではないと言う事が言えます。低解約返戻金型保険も同じ積立て型の保険商品で、死亡保険等も付いている生命保険なので安心できる保険なのではないでしょうか。それぞれに特徴がありますので、自分たちのライフスタイルに合っている保険で貯蓄をしていく事をおすすめします。

両者は同じ積立て型保険ですが、保証内容や受取時期等が全く異なりますので、しっかりと保険商品の内容を理解した上で加入するようにしましょう。自分たちだけでは決める事ができないと言う場合は、インターネット等の保険無料相談サービスを利用するととても便利です。独立系のFPが無料で相談に乗ってくれますので、分からない事は全てFPに聞いて納得したうえでいずれかの保険に加入するようにしましょう。

参考:低解約返戻金型保険とは

スポンサーリンク