安心できる保険に入る方法は?

保険と一口に言ってもさまざまで、どのような保険に入りたいかは人それぞれ事なると思います。保険にもいろいろと種類があって、自分が入りたい保険は何なのかをまずは知る事が重要になってきます。

  • 生命保険
  • がん保険
  • 医療保険
  • 学資保険
  • 個人年金保険
  • 法人保険

上記の用に思いつく保険だけでも「6種類」もの保険があります。もちろんこの他にもたくさんの保険がありまして、損害保険等も同じ保険になります。そこで、保険の入り方についてなのですが、どのようにして保険に入るのが一番安心できる方法なのでしょうか?

保険の入り方についてもさまざまで、案外分かっているようで分かっていないと言う方がほとんどだと思います。一般的によくあるパターンが、「知り合いの紹介」「親が勝手に入っていた」「友人や知人が保険外交員」と言うパターンです。

知り合いの場合は、頼まれて保険に入ると言う場合や、話を聞きやすいからと言う場合、知り合いなので悪いようにはしないと思い込んで入る場合等さまざまですが、本当に安心できるのでしょうか?

知り合いの方の悪口を言っているのではなくて、あまりにも保険について無知すぎると、もしもの時に「こんなはずじゃなかった・・・」となってしまわないとも限りません。

ですから、保険に入る時はある程度の知識を付けておく事をおすすめします。また、知り合いの保険屋さんがいない場合は、いざと言う時の為に以下でご紹介する保険の入り方を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

保険に入る3種類の方法

保険に入る時は、自分からアクションを起こして大型ショッピングモール等にある保険の来店型ショップに来店するか、保険販売員の方に相談するか、独立系のFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するかの以下の3種類のいずれかになると思います。

大型ショッピングモール等の来店型ショップで保険に入る

最近は大型のショッピングモールの中や街中に来店型の保険屋さんをよく見かけるようになりました。買い物ついでに保険の相談ができる便利な世の中になりましたね。もちろん相談は無料なので、誰でも気軽に相談する事が可能となっております。来店型の保険屋さんの良い所は、あなたと保険会社との間に入って中立な立場でおすすめの保険を紹介してくれるところです。

保険の来店型ショップは、保険の加入相談や見直しの相談が全て無料になります。では、保険の来店型ショップはボランティアでやっているの?と疑問に思う方もいると思うのですが、仕組みは以下の様なものになります。

街中にある来店型の保険ショップは、あなたの相談を無料で受けて的確な保険プランを提供してくれます。そして、あなたがその保険プランの保証内容に納得した上で契約を結ぶと、その契約した保険会社から紹介料としての法主を受け取る事ができるのです。

つまり、中立な立場であなたに最適な保険プランを提案して、あなたが契約する事で保険会社から報酬を受け取り運営をしているのという事なのです。ですからボランティアではなく事業として行っている事になります。ですが、保険の相談をする方からすると完全無料で専門的な話を聞く事ができる事と、自分が必要としている保険は何なのかを的確にアドバイスしてくれるので、利用者からすると申し分ないサービスなのではないでしょうか。

しかし、保険の来店型ショップは完全無料で相談しやすい雰囲気なのですが、そこの話を聞いただけで保険を決めてしまうのはリスクが高すぎると言えます。必ずしも来店型ショップが悪いと言っているのではないのですが、しっくりこない保険には入らない方が良いと言う事です。

保険販売員から保険に入る

保険に入る方法として、最も一般的な方法が「保険販売員の営業」です。保険販売員とは、保険会社や代理店の保険募集人の事を言います。保険会社に属している保険販売員の場合は、その属している保険の商品しか紹介できませんん。例えば、日本生命でしたら日本生命の保険商品のみと言う事です。

しかし、代理店に属している保険販売員の場合は、複数の保険会社の商品を取り扱っている場合があるので、いろいろと相談しながら自分に合った保険を選べると言うメリットがあります。ですが、代理店の場合は親身に相談に乗ってくれるのですが、割高になると言うデメリットがあります。また、従業員の入れ替わりが激しいので、担当者の変更が多々あります。

ですから、おすすめしてくれる保険の商品も変わってしまうので、どの保険が良いのか分からなくなてしまうと言う事態に陥る事も珍しくありません。そう考えると、保険販売員の方から各種保険に入る場合は、きちんと保険会社に属している保険募集人の方から入る方が良いのではないでしょうか。

独立系のFP(ファイナンシャルプランナー)に相談してから保険に入る

FPと言う言葉をよく耳にしますが、FPとは何なのでしょうか?FPとは「ファイナンシャルプランナー」の事で、個人の資産運用や生活設計に基づく資金計画等を指導してくれたり、助言してくれたりしてくれる専門家の事です。簡単に言いますと、「お金の専門家(資金繰りの専門家)」とでも言っておきましょうか。

基本的にFPの方は、保険代理店等と契約を結んでいる事が多いのですが、どこの保険会社にも属していないので、最も中立な立場で保険について助言してくれる強い味方なのです。それに、FPの方でも経験や実績が豊富な方でしたら、投資信託や住宅ローンなども扱えるので、総合的な生活設計を行ってくれるのです。

その中の1つとして、保険の相談を親身にしてくれるので、一番安心できると言っても良いのではないでしょうか。

しかし、FPにも各保険会社に属している専属のFPと、独立系のFPがいます。相談するべきは言うまでもなく「独立系のFP(ファイナンシャルプランナー)」になります。保険会社に属しているFPの場合は、自社の保険商品しか勧める事ができないので意味がないのです。

独立系のFPの方に相談すると、保険の契約後のアフターフォローもしっかりとしているので安心して保険に入る事ができます。保険の内容も確かに大事なのですが、保険はアフターフォローがしっかりしていないと不安しかないので、アフターフォローまで充実した独立系FPに相談した方が良いでしょう。

独立系のFPに相談する場合は、インターネットの保険無料相談サービス等を活用すると良いでしょう。最近は、来店型よりもインターネットサービスの方が人気なのです。

保険の専門家であるFPが来てくれて、無料相談して、保険に加入しなくても勉強にもなりますし今後の参考になります。ですから、保険の新規加入や見直しで悩んでいるのでしたら、インターネットサービスの保険無料相談を利用する事をおすすめします。

保険に入る時は上記の3つのパターンが一般的になります。上記でも説明しましたが、保険販売員は保険会社に属している以上中立的な立場での相談は難しいでしょう。確かに、あなたの事を思って親身に相談してくれる販売員の方もいる事は事実ですが、提案できる保険商品はその保険会社の商品のみになてしまいます。

それに、保険販売員から加入する場合は他社の保険商品の事を良いようには言いませんので、保険販売員の言う言葉を全て鵜呑みにするのはやめておいた方が良いでしょう。生命保険に限らず学資保険や終身保険でも同じことが言えますが、中立的な立場の専門家に相談する事が一番なのです。

なぜなら、中立的な立場にある独立系FPに関しましては、あなたがどこの保険会社で契約しても、その保険会社から報酬を受け取る事ができるので、最もあなたに適している保険商品を提案してくれるからです。

保険に入る前に保険を知る事が大事

保険に入る時は、「全て人任せにしない」という事がとても大事になってきます。

保険商品はとても複雑でややこしくて難しいのですが、少しは勉強しておいた方が良いでしょう。すべてを理解する必要は無いのですが、ある程度の知識はある方が後悔する事は無いと思います。

しかし、保険の事を勉強しようと思っても専門用語ばかりで分からないと言う方も少なくはないのではないでしょうか。また、時間が無いと言う方も多いと思います。

ですから、当サイトでご紹介している内容だけでも通勤時間や空き時間を利用して、軽く目を通していただくと、ある程度の知識は身につくと思います。できるだけ分かりやすいように噛み砕いて解説していますので、是非参考にしてみてください。

保険に入る時は複数の専門家に相談する方が良い

保険に入る時はできるだけ多くの専門家の人に相談をする事をおすすめします。

そんな知り合いがいないと言う方でも、上記で紹介した通り大型ショッピングモールには保険の来店型ショップがあります。こちらは全て無料で相談できるので、気軽に相談してみましょう。

また、知り合いに保険販売員の方や代理店の方がいるのでしたら相談してみるのも良いでしょう。しかし、知り合いに相談すると断れなくなってしまう事もあるので、断る勇気が無い場合は相談しない方が良いのではないでしょうか。

それから、一番相談するべき独立系のFP(ファイナンシャルプランナー)は、インターネットの無料相談サービス等を活用するといつでも相談できます。

保険に加入する場合や見直しをする場合は、まずは難しく考えずに、保険の勉強がてらに話を聞くと言うような感じで無料相談を利用してみてください。この時に一番注意しないといけない点が、「1回相談しただけで満足しない」という事です。

必ず複数の保険の専門家の話を聞くようにしてください。なぜなら、保険に入る事が目的なのではなく、保険商品の「保証」や「アフターサービス」が重要だからです。自分にとってメリットの無い保険に入るほど無駄な事はありません。保険は自分や家族を守る為のものです。ですから、無駄の内容に自分たち家族のライフスタイルに合致した保険に加入する事が必要なのです。

また、保険加入後のアフターフォローもしっかりしていないと後悔する事になりますので、必ず複数の専門家に相談して、信頼できるFPの方とお付き合いをしていくようにしましょう。

保険に入る際の注意点は、1人(1社)の意見に満足して決めてしまわないと言う事です。必ず複数の保険の専門家であるFPに相談するようにしてください。自分の為や家族の為に保険に入るのですから、時間を惜しまないようにしましょう。

⇒診断・提案・契約・アフターフォローの全てが無料の独立系FPとは?

最近は保険に入る窓口や保険の種類が増えてなかなか決めれないと言う方も少なくはないと思います。これだけ保険の種類がたくさんあって、あっちこっちで言っている事もさまざまなので余計に迷ってしまいますよね。

どこで保険に入るべきなのか相談しているうちにこんがらがってしまって、保険に入ること自体を諦めてしまっている方もたくさん居ます。

しかし、そうなってしまっては元も子もないですよね?保険に入る時は、まずは自分が求めている保証を明確にするようにしましょう。明確な目的や保証内容が決まっていれば、保険の入り方や窓口は特に問題はありません。

ただし、保険に入ったら入ったで放ったらかしと言う保険販売員も稀に居ますので、このような販売員や保険会社には注意が必要です。

ですから、保険販売員はあくまでも相談だけと言うスタイルで活用して、中立的な立場で助言をしてくれる来店型保険ショップや、独立系FPに相談して的確なアドバイスをもらって、あなたやあなたの家族に必要な保険だけに入るのが良いでしょう。

それから、独立系FPが身近にいない場合は、無料で保険の相談できるインターネットサービスなどを上手に活用して保険に加入すると、アフターフォローも人生設計も親身になって助言してくれるのでおすすめです。

もう一度言いますが独立系FPの良い点は、どこの保険会社にも属していないので、「最も中立敵な立場で相談に乗ってくれる」と言う点です。あとはアフターフォローが充実していると言う点です。

いずれにしても保険に入る場合は、まずはあなたが求めている保証を明確にする事が重要になってきますので、まずは保険に入る目的である「保証内容」を明確にしましょう。

⇒診断・提案・契約・アフターフォローの全てが無料の独立系FPの詳細を見てみる

スポンサーリンク