ケース別に見る保険の見直し時期について

保険を見直したことはありますか?よく保険を見直すと言う事を耳にしますが、保険の見直しとはどういう事なのでしょうか?保険は一度入ると安心してしまう人も多いのですが、実はライフステージによって保険の見直しをした方が良いん場合があります。

保険はさまざまなライフステージに合わせて加入する必要があるのですが、加入した時期と将来のライフステージは当然変化していきます。例えばですが、就職をしたときや結婚をした場合、子供が生まれた場合等のステージ毎に必要な保険が変化しますし、必要な保険金の額や保証内容も変わってきます。

つまり、保険は一度入ったら入りっぱなしではなく、それぞれのライフステージに合わせて人生の節目と言われている時に見直しをする必要があるのです。そこで、今回はケース別に見る保険の見直し時期についてご紹介していきたいと思いますので、保険の見直しで迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

保険を見直すタイミングは人生の節目

保険を見直すタイミングや新たに加入するタイミングは、人生の節目がベストです。人生の節目と言えば「就職・結婚・出産・住宅購入・独立」等々です。これらの人生の節目と言われるそれぞれのステージで、それぞれの状況に合わせた保険に加入したり保証内容を追加したりする事を、「保険の見直し」と言います。

就職したとき

人生初の保険の見直し時期は就職をした時です。これまでは保護者の契約で保険に加入していたと言う人も、経済的に独立をする事になるので自分のお金で保険に入る事を考えなおす時期です。また、これまで無保険だったと言う人も就職を期に生命保険等に加入する時期と言えます。

この時期の保険はまだまだ若く独身と言う方がほとんどなので、それほど大きな保証は必要ないでしょう。結婚しているのであれば家族の為に大きめの死亡保険等が必要になりますが、独身の場合は自分が死亡した時の事を考えて自分の葬儀費用分が用意できる程度の保険で問題ないでしょう。

しかし、万が一の事故や大怪我をした場合は莫大な医療費が必要になりますので、入院費や治療代がでる医療保険等に加入しておくべきでしょう。「高額療養費制度」を利用した場合は最大月9万円程で済みますが、それでも支払いが厳しい方は定期型の医療保険等に加入しておくと良いでしょう。

結婚したとき

結婚をした時は家族を守る為に保険を見直したり、新たに加入したりする時期と言えます。夫婦間でしっかり話し合う必要があり「死亡保障について」「医療費について」どのようにするのかを確認する必要があります。因みにですが、妻が専業主婦と言う場合は、夫は万が一の事を考えて「2,000万円以上の死亡保障」に見直しをする方が多くなっています。

お互いに収入がある場合でも、それぞれの死亡保障については見直しておいた方が良いでしょう。最低限葬儀費用ぐらいは用意できる保険に加入するようにしましょう。また、医療保障についてなのですが、基本的には貯蓄で賄えるようにしておいて、貯金では対応できない分に関しましては医療保険に頼ると良いでしょう。

それから、女性の場合は将来的に妊娠・出産をする可能性が非常に高いので、妊娠前に医療保険に加入しておく事をおすすめします。

結婚前に加入していた保険がある場合で、継続していく場合は保険金の受取人を親から配偶者に変更しておきましょう。

妊娠・出産した時

子供が生まれて守るべき家族が増えた場合はより一層責任が大きくなります。夫婦間でしっかりと話し合い、自分に万が一の事があった場合の残された家族が困らないように、しっかりと死亡保障を見直して増額しておきましょう。

妻が死亡する可能性も考えて育児費用の事をしっかり考えておいた方が良いでしょう。例えばですが「家政婦・ベビーシッター・保育所」等の費用が必要になりますので、ある程度子供が大きくなるまでは、大きめの死亡保障を付けておいた方が良いでしょう。

それから、子供が生まれると将来の学資金の事も考えておかなければなりません。子供が幼稚園から大学を卒業するまでの教育資金は相当なものです。定期預金等で学資金を貯蓄している人も多いですが、学資保険等も利用するとより安心する事ができるのではないでしょうか。

参考:子供の学費はいくらかかるのか?幼稚園から大学までに必要なお金

参考:学資保険の選び方

参考:学資保険よりも低解約返戻金型保険の方がお得?

家を購入したとき

家を購入する方のほとんどは住宅ローンを利用すると思います。住宅ローンを利用すると必ず加入しければいけないのが「団体信用生命保険」です。この団体信用生命保険は、万が一名義人が死亡した際は死亡保険金がおりる仕組みになっていて、その保険金をもって残りの住宅ローンを相殺できると言う保険商品です。一般的には住宅ローンを借りる金融機関で加入する保険になります。

住宅ローンは相殺されるので毎月の支払いはなくなるのですが、残された家族が生活していく為の十分なお金が必要になります。住宅ローンがなくなっても、その他にたくさんのお金が必要になりますので、家を購入した際も保険の見直しをしっかりしておきましょう。多くの方は死亡保険を2,000万円から3,000万円に増額したりします。

独立(起業)したとき

会社員の時は厚生年金なのですが、独立して自営業になると厚生年金から国民年金に代わりますので、公的保証が少なくなってしまいます。つまり、年金含めさまざまなシーンで受け取れるお金が減ってしまいます。ですから、受取れなくなってしまう分を見直す必要があります。特に医療保険の見直しをしたり、新たに所得補償保険等に加入する事も検討するようにしましょう。

その他は、老後の生活資金の為に、個人年金保険等に加入しておくと良いでしょう。厚生年金と国民年金とでは将来受け取れる年金額が大きく異なりますので、国民年金に切り替わった時期に個人年金保険は加入しておいた方が良いでしょう。

参考:老後の為の個人年金保険の種類と特徴について

子供が自立したとき

子供が成人し経済的に自立をしたときは、夫婦2人に必要な保証さえあれば問題ないでしょう。終身保険は貯蓄を兼ねて加入していると思うので、そのまま継続しておいても良いのですが、その他の保険については全体的に見直しをする時期です。特に医療保険に関しましては、若く健康的な時にしか加入できない商品も多いので、早いうちから見直しておいた方が良いでしょう。

また、老後の生活資金の事も考えておかなければならない時期になりますので、将来受け取れる公的年金の額を確認して、不足するようであれば個人年金保険等で補うようにしなければなりません。

参考:個人年金保険の選び方

親を扶養するとき

子供達も独立して次は親の面倒を見る事になった時は、自分に万が一の事があっても十分なお金を残せるように死亡保障を見直しておきましょう。また、介護保険等も検討しておいた方が良いでしょう。いつ介護状態になるかも分かりませんので早めに介護保険には加入した方が良いでしょう。

保険料を負担に感じたとき

給与が減額になった場合や職を失ってしまった場合で、毎月の保険料が負担になってしまった場合は、早めに保険を見直す必要があります。保証内容をしっかりと見なおして、余計な特約は全て外して少しでも負担を少ないようにする事が大事です。なせなら、見直しをせずに解約をしてしまうと、今まで長期間払込んできた保険料はほとんど戻ってこないからです。

手放すぐらいならしっかりと見直しをして満期を迎えた方が損をする事が無いので、毎月の保険料が負担に感じた場合はすぐに保険の見直しをするようにしてください。

更新の時

定期保険の更新の時はしっかりと保険の見直しをしましょう。また、終身保険の満期時期も見直しをした方が良いでしょう。その時の状況に合わせて、適切な保証内容を付ける、または不要な特約や保証は全て外して無駄のない保険にしましょう。

離婚や死別で妻一人になったとき

離婚や夫の死別で妻一人になった場合は保険の見直しが必要になります。特に子供が成長するまで死亡保障に関しては大きめのものを付けておいた方が良いでしょう。また、収入保障保険等も検討した方が良いでしょう。夫が居なくなると一家の大黒柱となるのでしっかりとした保証がある保険に見直すようにしてください。

以上のように人生の節目と言われる時期に保険を見直す必要があります。上記で挙げた節目に関してはほとんどの方が該当すると思いますので、あらかじめ想定したうえで保険商品を選択するようにすると良いのではないでしょうか。人生の節目と言うものはバタバタと忙しくなる事がほとんどなので、余裕をもって早め早めに騒動するようにしましょう。

その時が来てから行動すると焦って的確な保険商品を選べなくなってしまい、失敗してしまう場合もありますので注意が必要なのです。保険の見直しで失敗しない為にも余裕をもって行動して、保険の専門家であるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談すると間違いないでしょう。最近は無料でFPに相談できますのでそのようなサービスを活用すると良いでしょう。

>>保険の新規加入や見直しの相談がFP(ファイナンシャルプランナー)に無料でできる保険無料相談サービス

スポンサーリンク