失敗しない為の保険の見直し時の注意点

今現在加入している保険を見直す時は、保険の種類にもよりますがさまざまな注意点があります。

安易な素人考えで既存の保険を見直して新規契約するにはリスクが大きすぎます。

以下で保険の見直しの注意点について解説していきますので、見直しを検討中の人は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

保険の見直しの注意点

保険の見直しで最も多いのが「生命保険」です。

生命保険を見直すには、まずは保険を見直す人が今現在加入している保険商品の保証内容等を確認する必要があります。

家族全員分の生命保険を見直すのであれば、保険証券を用意して加入している保険の内容をチェックする事からはじめましょう。

現在加入している保険の内容を把握する事で、新たに加入する保険との過不足が明確になり、見直さなければならない点が明確になるのです。

しかし、一般の人が保険証券を一目見ただけでは内容を把握する事は難しいですよね?

やはり自分一人で考えるよりも専門家であるFPのアドバイスが必要になってくるのではないでしょうか?

その方が効率も良く的確な指示を助言してもらえるので、無駄なく生命保険を見直す事ができるのです。

最近では保険の専門家であるFPの人に無料で相談できるサービスがネットで簡単に利用できるようになりました。

わざわざ保険会社にアポを取って呼び出す必要もないので、保険の見直しも楽になりました。

もし保険の見直しで悩まれているのでしたら、そのような無料サービスを活用してみてはいかがでしょうか?

>>独立系FPの保険見直し無料相談の詳細を確認してみる

保険見直しのコツ

保険は見直した方が良い場合と、そのまま継続した方が良い場合があります。

保険は基本的に加入時の年齢によって保険料が決まっています。

また、加入時の年齢が高ければ高いほど保険料も高くなるのです。

つまり、若い時に安い保険料で加入している「生命保険」を、何も考えずに見直して切り替えしない方が良い場合もあると言う事です。

それに、古い保険商品の方が予定利率が高い場合がほとんどなので、「貯蓄型の保険」は特に安易に見直して切り替えない方が良いでしょう。

また、現在の医療事情等で昔の保険商品よりも現在の保険商品の方が保証内容が優れている場合が増えてきました。

特に「医療保険・がん保険・死亡保障」等の万が一の時の保険商品は、一昔前と比較しても保証範囲が広がったり、保証内容が改善されている場合がほとんどなので早めに見直した方が良い場合もあります。

保険を見直す時期はいつなのか

保険の見直しで最も多いのが生命保険の見直しと、医療関係の保険になります。

その中でも生命保険の見直しをする時は、見直しの時期が重要になってきます。

生命保険の見直しを行うのに良い時期は、「人生の節目」となるような時です。

例えばですが、「結婚・就職・出産・住宅購入・子供の独立・定年退職」等の変化がある時です。

なぜなら、ライフシーンが変化する事によって、「必要な保証額にも変化が生じる」からです。

また、逆のパターンで「離婚・自宅売却・転職・収入源・支出増・既存保険の更新や満期」等の場合にも保険の見直しが必要になってきます。

ですが、上記のような人生の節目はバタバタと忙しくなる事が当たり前で出費もかさんでしまいます。

特に結婚や出産の前後は準備が大変ですし、保険の満期や更新時期のギリギリだと正確に見直す事も難しくなってしまいます。

このような人生の節目の時期は、保険の見直しが必要になってきますが、バタバタと忙しくなってしまうので効率よく正確な保険の見直しができなくなってしまいがちです。

ですから、保険の見直しが必要になる上記のような節目の時には、その時期になってから慌てるのではなく、早め早めに計画を立てて行動するようにしましょう。

新しい保険に加入する際は慌てて既存の保険を解約しないようにしてください

保険の見直しをして新しい保険に加入しなおす際は、今まで入っていた既存の保険を慌てて解約しないようにしてください。

必ず新しく加入する保険の契約が成立してから既存の保険を解約するようにしてください。

なぜなら、新しい保険契約の正式な成立は、申込み書類の記入漏れや書類不備がなく、保険会社への告知や、保険会社所定の審査が通り、初回の保険料が引き落としされてはじめて契約成立となるからです。

つまり、書類不備や記入漏れ等で保険契約が遅れてしまったり、健康上の問題等が発覚して保険に加入できなくなってしまたりすると、無保険状態となってしまうからです。

また、引き落としをクレジットカード払い等に設定している場合で、初回の保険料の引き落としが2ヶ月先とかになると、2ヶ月間無保険状態になってしまう事もあるからです。

たとえ保険加入の全ての手続きが完了していたとしても、初回の保険料が保険会社に着金していない場合は、保険契約は成立していませんのでご注意ください。

このような場合、無保険状態となるので病気やケガをしても、保険金や給付金の保証を受ける事はできませんので、必ず既存の保険を解約する時は、新しい保険の契約が成立してからにしましょう。

保険の見直しをする時のコツは、上記のように切り替えない方が良い保険と、今すぐにでも切り替えた方が良い保険がありますので、総合的な判断をする事がポイントとなってきます。ですから、素人が考えるよりも、保険の見直しで損をしない為にも、やはり保険の専門家に相談した方が安心して保険の見直しをする事ができるのではないでしょうか。

また、保険の見直す時期は人生の節目が多くなってきますが、どうしても慌ただしくなってしまうので事前にFP(ファイナンシャルプランナー)等の専門家に相談しておくようにしましょう。

それから、保険の見直しで新たに保険を切り替える場合は、慌てて既存の保険の契約を切る事はしないようにしましょう。上記で解説したように無保険状態になってしまうと大変な事になり兼ねないので十分注意するようにしてください。

保険の見直しは簡単ではないですし、失敗すると損をしてしまう事も十分考えられますので、いつでも気軽に相談できるFPを見つけておくと良いでしょう。
>>独立系FPの保険見直し無料相談の詳細を確認してみる

>>保険の新規加入や見直しの相談がFP(ファイナンシャルプランナー)に無料でできる保険無料相談サービス

スポンサーリンク