個人年金保険の選び方

老後生活が不安で若い間にお金を貯めておこうと考える方も少なくはありません。そんな時に便利なのが「個人年金保険」です。もちろん、定期預金や投資信託でお金を増やすと言う方法もありますが、定期預金の場合は低金利の時代なので利息分が増える事はほとんどないですし、投資信託に関してはリスクが大きすぎます。

そう考えると、やはり個人年金保険が安全で確実にお金が貯蓄できると言う事が言えるのではないでしょうか。しかし、個人年金保険と一口に言っても種類はさまざまで、それぞれに保証内容等も異なります。いざ個人年金保険に加入しようとしても、保証内容等をしっかりと理解しないままで加入するのは少し危険です。

そこで、今回は個人年金保険の選び方について解説していきますので、これから個人年金保険に加入しようと考えていると言う方は是非参考にしてみてください。個人年金保険は貯蓄型の単純な保険商品ですが、選び方を失敗すると大きく損をしてしまう事もあります。長期間かけていく保険になりますので、自分に最も合っている個人年金保険を選択するようにしましょう。

スポンサーリンク

本当に個人年金保険が老後生活の資金の貯蓄に最適?

個人年金保険を選ぶ前に自分に「本当に個人年金保険が必要なのか?」を考えてみてください。個人年金保険は、確かに老後の生活資金を貯蓄するのに有効的な保険商品ですが、必ずあなたに合っている貯蓄方法とは限らないのです。つまり、個人年金保険は万人に向いているとは言えないと言う事です。

個人年金保険にも当然メリットとデメリットがありますのでもしかするとあなたには必要ないものなのかもしれません。個人年金保険を選ぶ前に、まずは個人年金保険の特徴をしっかりと理解する必要があります。

参考:老後の為の個人年金保険の種類と特徴について

個人年金保険のメリットとデメリットをまとめると以下のようになります。

【個人年金保険のメリット】

  • 安定して老後の資金を貯蓄する事ができる
  • 満期までお金を引き出せないので確実に老後の資金を貯蓄する事ができる
  • 所得控除で所得税や住民税の軽減を受けられる

【個人年金保険のデメリット】

  • 大きくは増えない
  • 保険会社が倒産するとお金が減る
  • 金融機関とは違いお金が拘束されるので自由に引き出す事ができない

以上が個人年金保険のメリットとデメリットになります。安定して確実にお金を貯蓄する事ができて、生命保険料控除の対象で所得控除を受ける事ができるので所得税や住民税が軽減されると言うメリットがあります。しかし、投資信託のように大きく増える事もなく、自由にお金を引き出す事ができないと言うデメリットや、保険会社が倒産すると0にはならないのですが積立ててきたお金が減ってしまうと言うデメリットもあります。

お金を大きく増やしたいのでしたら、株式等の投資信託をした方が良いのですが、リスクが大きくなるので利用する人はごくわずかです。あくまでも老後の為の生活資金を貯蓄しておく事が目的となりますので、個人年金保険が安定した貯蓄方法と言う事が言えます。

個人年金保険が必要な人とそうでない人

個人年金保険は老後の生活資金を貯蓄するのに有効的な保健商品です。しかし、個人年金保険が必要な人とそうでない人がいるのも事実なのです。では、どのような人が個人年金保険が必要で、どのような人が個人年金保険が必要ではないのかを見ていきましょう。
【個人年金保険が必要な人】

  • お金を貯めるのが苦手な人
  • 低金利のため金融機関に預けておくのは勿体ないと思っている人
  • 毎月安定して積立てしたい人
  • 毎月確実に積立てをしていきたい人
上記のような人は個人年金保険に加入する事をおすすめします。個人年金保険の目的は、「老後の生活資金を貯しくすること」です。自分で貯蓄できないと言う人や、確実に安定して貯蓄をしていきたいと言う人は個人年金保険に加入した方が良いでしょう。
【個人年金保険が必要な人】

  • 老後生活の為の資金の準備が整っている人
  • 個人年金保険よりも生命保険や医療保険をメインに考えている人
  • 株式等の投資信託で貯蓄を増やしたいと言う人
上記のような人は個人年金保険に加入する必要は無いでしょう。既に老後生活の為の貯えがある場合や、自分で資産運用して貯蓄すると言う場合は個人年金保険に加入する必要はありません。

個人年金保険には上記のようなメリットとデメリットがあります。また、個人年金保険が必要な人とそうでない人いるのも事実です。個人年金保険の選び方について、以下で解説していきますが上記を参考にして個人年金保険は必要だと思った方だけ読み進めていただくと良いのではないでしょうか。

自分に合った個人年金保険の選び方について

個人年金保険はたくさんの種類があります。それに、基本的に保険商品は保証内容や商品内容がとても複雑でなかなか理解するのが難しい商品です。もちろん個人年金保険も生命保険会社が販売している保険商品なので、選ぶときは相当迷われると思います。

しかし、以下では個人年金保険の簡単な選び方を紹介しますので参考にしてみてください。特に個人年金保険をはじめて検討すると言う方は何を基準に選ぶべきなのかが分からないと思います。初めての方も、既に個人年金保険に加入していると言う方にも同じ事が言えるのですが、「個人年金保険は自分に合っている商品を選ぶこと」が重要になってきます。

保険販売員は自分の成績の為や、会社の利益の為におすすめ商品を紹介してきますが、果たしてその個人年金保険は本当にあなたに合っているのでしょうか?個人年金保険に限らず生命保険等に加入する時も必ず注意してほしい事が「本当に自分に合っているか」です。

>>保険の新規加入や見直しの相談がFP(ファイナンシャルプランナー)に無料でできる保険無料相談サービス

以下では、個人年金保険を選ぶときのポイントを4つに分けてご紹介したいと思いますので是非参考にしてみてください。

nenkin-erabikata

①個人年金保険の種類の選択

まずは自分が加入する個人年金保険の種類を選択します。個人年金保険には大きく分けて以下の3種類の商品があります。

  • 確定年金・・・安定して将来の年金を受取る事ができて死亡後も遺族に支払われる
  • 終身年金・・・生きている間は年金を受取る事ができる
  • 有期年金・・・決められた期間で生きている限り年金を受取る事ができる

参照:老後の為の個人年金保険の種類と特徴について

上記のように個人年金保険は3種類あります。それぞれに特徴がありますので自分に合っている保険商品を選択する必要があります。上記3点の中で圧倒的に加入率が高いのは「確定年金」の個人年金保険になります。なぜなら、年金受け取り期間がはじまってすぐに、万が一被保険者が死亡しても確実に年金を受取る事ができるからです。

例えば、10年確定年金の場合だと10年間は年金を受取る事が確定しているのです。しかも、年金受け取り期間が開始してから3年後に死亡しても、残り分の年金は遺族が受け取る事ができるので損をする事がないのです。これが確定年金の加入者が多い理由なのです。

②年金期間を選択する

個人年金保険の種類が決まりましたら、次は年金を受取る事ができる期間を決めていきます。

  1. 年金支払い開始期間・・・60歳から年金を受取る等
  2. 年金支払い期間・・・5年・10年・15年等

個人年金保険は、上記の「何歳から年金を受取るのか」と言う事と、「何年間受け取るのか」と言う事を決める必要があります。最も多く選ばれているのは、「60歳からの受取り開始で10年間の受取り期間」になります。

③保険商品の選択をする

個人年金の種類が決まり年金期間も決まりましたら、次はどの保険商品にするかを選択していきます。個人年金保険を選択する絵で重要な事は「返戻率」になります。返戻率とは、支払い保険料に対して将来受取る事ができる年金額の事を言います。

henreiritsu-keisanshiki

【個人年金保険の例】

契約者 30歳 女性
毎月の保険料金 10,000円
保険料払い込み期間 60歳まで
保険料払い込み保険料 3,600,000円
受取り給付額(年金) 4,300,000円
返戻率 119.4%

上記はあくまでも一例ですが、30歳女性の方が毎月10,000円の個人年金保険の確定年金に加入した場合、支払総額は「1万円×12ヶ月×30年=360万円」になり、支払総額が360万円なのに対して、60歳になった時にもらえる受取り年金額が430万円と言う保険商品になります。

この場合の個人年金保険の場合、上記計算式に当てはめると返戻率は「119.4%」となります。この返戻率が高ければ高いほどお得な保険商品と言う事になるのです。このケースで言いますと、70万円も多く年金を貰う事ができると言う事になるのです。

保険商品を見分ける時のコツ

上記の方法でどの保険商品がお得か調べる事ができます。そして、各社さまざまな個人年金保険を販売していてそれぞれに特徴があります。複数社の個人年金保険を見分ける時のコツとしましては、「必ず同じ条件で比較する」と言う事がポイントとなります。

  • 毎月の保険料
  • 保険料支払い期間(60歳まで等)
  • 保険期間(5・10・15年確定等)

上記の条件を同じにして各社の保険商品を比較すると、どこの保険会社の個人年金保険がお得なのかがすぐに分かります。

④保険料の支払い方法の選択

保険料の支払い方法は、「月払い」と「年払い」で選択する事ができます。どちらがお得なのかと言いますと、年払いの方がお得になります。なぜなら、年払いの場合は保険料が割引対象になるからです。つまり、支払総額が減る事になるので自動的に返戻率も上がると言う事になるのです。

ほとんどの方は月払いを選択されますが、支払い総額も安くなりますし、将来受取れる年金も多くなるので、余裕がある場合は年払いで支払いをした方がお得になります。あとは、銀行引き落としなのかクレジット払いなのかも選択する事ができます。

クレジット払いだと、クレジット会社のポイントが付いたりする場合があるのでクレジット払いを利用している方も多くなっています。

個人年金保険は老後の生活資金の貯蓄の為に有効的な保険商品になります。しかし、自分たちに合っている商品で、なおかつ返戻率が良い商品を選択しないと損をしてしまう場合もあるのです。ですから、個人年保険を選ぶ際はしっかりと調べて正しい個人年金保険に加入しなければ意味が無いのです。

自分たちだけで調べて保険商品を選ぶ事も悪くはないのですが、なるべく専門家である独立系FP(ファイナンシャルプランナー)に相談する事をおすすめします。なぜ独立系FPなのかと言いますと、保険会社に属していないので最も中立的な立場でアドバイスをしてくれるからです。

保険販売員や保険会社専属のFPは所詮自社の保険商品しか営業してきません。しかし、独立系FPの場合はどこの保険会社にも属していませんので本当にあなたに合っている保険商品しかすすめてきません。それに、保険に加入するのはあなた自身なのですから、相談してみて腑に落ちない場合や納得いかない場合は気軽に断る事も可能なのです。

もし、個人年金保険で迷われていて、どの商品を選択すれば良いのか分からないと言う場合は、失敗しない為にも独立系FPに相談してみてはいかがでしょうか。

>>独立系FPに個人年金保険について無料相談してみる

スポンサーリンク