ライフステージに合わせた生命保険の選び方

生命保険はやみくもに加入するものではなくて、きちんと今いる自分のライフステージに合わせて加入する必要があります。保険販売員から紹介された生命保険に言われるがまま加入していませんか?生命保険は奥が深く、とてもややこしいものなので、不安は残るものの良く分からないまま契約していると言う方が多くなっています。

生命保険には不要な特約等がたくさんついているものが多く無駄な保険料を毎月支払っていると言う方も少なくはありません。生命保険は、それぞれのライフステージに合わせて加入する事が重要で、常に見直していく必要がある保険商品でもあります。

あとで後悔しない為にも、正しい生命保険の選び方を身に着ける必要があります。以下では、それぞれのライフステージに合わせた生命保険の選び方について解説していきたいと思いますので、これから生命保険い加入しようとしている方や、既に加入済みだけど毎月の支払いが厳しくて見直したいと思っている方も是非参考にしてみてください。

生命保険の選び方を解説していく前にお伝えしたい事が1点あるのですが、「生命保険は必ず必要なものではない」と言う事です。例えばですが、資産がたくさんある場合や年収が数千万円もある人は生命保険に加入する必要はないでしょう。しかし、このような方はほとんどいませんよね?ですから、万が一の備えに生命保険に加入するのだと言う事です。

ただし、「生命保険は無理して加入するものではない」と言う事を覚えておいてくださいね。保証の事ばかり考えて毎月高額な保険料を支払い、貯蓄する事ができなかったり、今の生活に支障を来すようであれば本末転倒になりますのでご注意ください。

生命保険の保証以外にも社会保障等である程度の保証を受ける事ができます。生命保険はあくまでもそれらの保証では補いきれない部分に対しての備えになりますので、無理のない保険商品を選択するようにしてください。

参考:生命保険は必要なのか?加入する前に確認しておくべきポイント

スポンサーリンク

独身の方の生命保険の選び方

独身の間は特に大きな死亡保障等が付いた生命保険はいらないでしょう。社会人になったばかりの人にありがちなのは、「保険販売員から勧められた保険にそのまま加入してしまう」と言う事です。保証内容も特に気にする事なく必要のない大きな保証が付いた生命保険い加入して毎月高額な保険料を支払っていると言う人も少なくはありません。

生命保険が不要と言っているのではなく、「大きな死亡保証が不要」と言う事です。独身の間は守るべき妻や子供がいないので、万が一死亡したとしても親に迷惑をかけない程度の葬儀関連費用分ぐらいの保証があれば十分なのです。その他でいえば、病気やケガ等の時に保証される医療保険があれば問題ないでしょう。

独身の間は生命保険にお金をかけるのではなく、将来の為の資金を貯蓄する方に専念した方が良いでしょう。ですから、独身の場合は死亡保証よりも医療保険を意識するようにしてください。死亡保証を付ける場合は葬儀関連費用として「200~300万円」程あれば十分と言えます。

hoken-sentaku3

独身の場合はまずは医療保険から

独身の方はまずは医療保険から考えていきましょう。独身の場合は大きな死亡保障は必要ないので、まずは医療保険に加入して入院保障等を付けておくと良いでしょう。社会人になったばかりの頃はそれほど貯蓄もないと思いますので、大きな病気やケガをしてしまった場合は治療費や入院費が相当な負担となってしまいます。

ですから、死亡保険よりも医療保険を優先的に考えた方が良いでしょう。医療保険と一口に言ってもたくさんあるのですが、中でも「掛捨ての終身型医療保険」がおすすめです。なぜなら保険料が安いと言う事と保証が一生涯続き保険料も契約時のまま上がる事が無いからです。また、最近は若くしてがんになってしまう方も多くなってきていますので、併せてがん保険にも加入しておくとなお良いでしょう。

ただし、ある程度の貯蓄があって余裕があると言う場合は、「公的医療保障制度」があるので、医療保険は必要ないと言う場合もあります。医療保険に加入した方が良いのか判断が付かないと言う場合は、医療保険が本当に必要かどうかをFPの方に無料相談してみてはいかがでしょうか。

独身の方でも大きな死亡保障が必要と言う場合

独身の方は基本的に大きな死亡保障は必要ありませんが、中にはそこそこ大きめの死亡保険に加入しておきたいと言う方も少なくはないのではないでしょうか?そのような場合は「貯蓄型の死亡保障付の低解約返戻金型保険」がおすすめです。

低解約返戻金型保険とは、毎月の支払い保険料が安く満期時の返戻金は多いと言う貯蓄型の保険になります。しかも、死亡保障まで付いているので、万が一満期前に死亡した場合でも遺族の方が死亡保障を受取る事ができるので葬儀費用も十分に間に合います。

低解約返戻金型保険

teikaiyaku
【低解約返戻金型保険 例】

被保険者 男性(23歳)
死亡保険金 300万円
保険期間 10年(33歳満期)
月額保険料 10,000円

上記の内容を基に途中解約した場合と満期時、据え置いた場合の返戻金はどのようになるのか見ていきましょう。

  低解約返戻金型保険
払込み保険料総額 解約返戻金 解約時返戻率
33歳時 1,200,000円 1,254,000円 104.5%

上記の例で見ますと、月々10,000円を10年間払込むことで支払総額は1,200,000円になります。それに対して解約返戻金は1,254,000円になりますので、満期時に受取るお金が54,000円も多くなる事になります。しかも、10年以内に死亡してしまった場合は、死亡保険金300万円を受取る事ができますので安心なのです。

この低解約返戻金型保険の良い所は、毎月の支払保険料が安く済む事と、満期時のお金が増える事、満期時に解約せずに据え置く事ができてどんどん返戻金の額が増えていく事です。ただし、10年以内に解約をすると70%程しかお金が返ってこないので損をする事になりますので注意が必要なのです。

詳しくは以下の記事で解説していますので参考にしてみてください。

参考:低解約返戻金型保険とは

結婚した時の生命保険の選び方

結婚すると夫となる男性は責任が大きくなるので新たに保険に加入したり、保険の見直しをしたりする必要があります。結婚して間もない頃の子供がいない間は共働きと言うパターンが多いと思いますので、独身時代と同じように「医療保険」を中心に検討した方が良いでしょう。

医療保険は高齢になればなるほど必要性が高くなってくるので、終身医療保険で一生涯をカバーするようにした方が良いでしょう。

また、自分に万が一の事があった場合の事を考えるのであれば、ある程度の死亡保険にも加入した方が良いのですが、お互いに葬儀関連費用等で迷惑をかけない程度の死亡保険に加入していれば十分なのではないでしょうか。生命保険の選択時に最も重要な事は「必要保証額を知る」と言う事です。

まずは、自分が死亡した場合で残された家族が生活をしていくのにどれぐらいの保証額が必要なのかを考えるようにしましょう。新婚で子供がいない場合は、葬儀関連費用分ぐらいの保証があれば十分だと思います。しかし、妻が専業主婦の場合は、夫が亡くなった後の生活費の事も視野に入れて死亡保障額を決める必要があるのでご注意ください。

専業主婦になった妻が職場復帰するのにも相当な時間がかかるので、安定した生活費を得るまでに必要な生活費分を葬儀関連費用に上乗せした死亡保障額を用意する必要があります。結婚したらお互いに責任感が高くなりますので、お互いに迷惑をかけないだけの生命保険には加入する事をおすすめします。

また、将来生まれてくるであろう子供の為の貯蓄も必要になってくるので、あまり無理のない生命保険に加入するようにしてください。

参考:生命保険を選ぶときは必要保証額を知る事が重要

hoken-sentaku3

共働きの場合は独身と同じ感覚で生命保険に加入する

夫婦共働きの場合はどちらかが死亡したとしても葬儀関連の費用さえ保証できれば生活に困る事は無いでしょう。ですから、夫婦共働きの場合は、独身時代と同じような感覚で生命保険を選択すると良いでしょう。独身時代のように医療保険を中心に考え、葬儀関連費用分ぐらいの死亡保険(低解約返戻金型保険)に加入する事をおすすめします。

また、医療保険に関しましては、入院保障の特約で日額10,000円あれば安心です。とにかく子供ができるともの凄くお金が必要になりますのでこの間はお金を貯める事に専念しましょう。金融機関に貯蓄すると言う方法もありますし、上記で解説しました低解約返戻金型保険を活用して効率よく貯蓄するのも良いでしょう。

一般的には子供の将来の学費の為に学資保険を利用する方も多いのですが、学資保険は子供が誕生してからになりますので、子供が生まれる前から貯蓄をはじめるのであれば低解約返戻金型保険がおすすめです。

妻が専業主婦の場合

妻が専業主婦の場合は、大きめの死亡保証が必要になります。夫が死亡する事で必要な生活費が途絶えてしまい妻は生活できなくなってしまうので、それなりの死亡保障が必要になってきます。子供がいない場合は、新たに就職するか、実家に帰って生活をするかになると思うのですが、それまでに葬儀関連費用も必要になりますし、生活費が必要になります。

ですから、葬儀関連費用と生活費で最低でも「500万円」程は死亡保障で考えておいた方が良いでしょう。妻が専業主婦の場合は、結婚と同時に自分が亡くなった時の事を考えておくようにしましょう。

結婚して子供がいない間が夫婦共働きできて最も貯蓄しやすい時期なので、この時から効率よく貯金をしておく事をおすすめします。貯蓄方法はさまざまですが、貯金が苦手と言う方は低解約返戻金型保険がおすすめです。金融機関だと簡単にお金を引き出せてしまうので、なかなか思うように貯金できませんが、低解約返戻金型保険の場合だと途中解約すると大損してしまうので嫌でも満期まで待たないといけなくなります。

その代わり、満期時には金融機関で預けるよりもお金が増えているので効率よく貯蓄をする事ができると言う事です。

子供が生まれたときの生命保険の選び方

結婚して子供が生まれると、今まで以上に責任感が高くなります。この時期が一番手厚い保証が必要となるときですので慎重に保険選びをしなくてはなりません。子供が生まれると、たくさんの保証が必要になり、一家の大黒柱である夫は、自分に万が一の事があった場合でも残された家族を守れるだけの死亡保障が必要になってきます。

ただし、あまりはりきりすぎて大き過ぎる保証に入るのも良くありません。いわゆる「保険貧乏」にはなってはいけないと言う事です。生命保険の払込み保険料が多すぎて貯蓄ができなくなってしまったり、生活が苦しくなるのはよくありません。保険はあくまでも万が一の備えと言う事を忘れないでください。

毎月の保険料と万が一の時の保証額、それから今の生活費、将来の貯蓄、等をしっかりと考えてバランスよく生命保険に加入するようにしましょう。また、死亡した際は生命保険以外の保証制度等もありますので、全てを生命保険で補う必要はないのです。

遺族年金や福利厚生、団体信用生命保険等を利用しても不足する分を生命保険で補えば良いのです。それに、子供が成長するにつれて習い事もはじめるでしょうし、生活費も大きくなっていきます。あまりにも保険料が大きすぎると、日々の生活にシワ寄せが来ますのでしっかりと考えて加入するようにしましょう。

hoken-sentaku4

子供の為に大きめの死亡保障が必要になる

子供が生まれると、妻と子供の生活費や学費が必要になるので大きめの死亡保険が必要になってきます。子供ができてから万が一の事があった場合は、残された家族が生活できなくなてしまいますので、そうならない為にも大きめの死亡保障が必要なのです。

特に、子供の学費は全て公立に通ったとして幼稚園から大学卒業までに1000万円程必要になります。これが私立になると倍以上の学費が必要になりますので、子供に不自由のない人生を送って貰う為には大きめの死亡保障を優先的に考える必要があります。

参考:子供の学費はいくらかかるのか?幼稚園から大学までに必要なお金

学資保険で子供の将来の学費をしっかりと積立てておく

子供の将来の学費の為に学資保険で学資金を積立てていく事も必要になります。将来の学資金の蓄えが既にあると言う場合は必要ないのですが、ほとんどの方はそうでは無いので、コツコツと積立てておく事をおすすめします。学資保険は、生命保険と合わせて加入する事ができますので、生命保険とトータルで考えて加入するようにしましょう。

また、学資金の貯蓄は学資保険だけではなくて、上記で解説しました低解約返戻金型保険を利用して学資金を準備する事もできますので、どの方法で貯蓄していくかは夫婦でしっかり話し合うようにしてください。その際どうしても分からないと言う場合は、保険の専門家である独立系FP(ファイナンシャルプランナー)に無料で相談できるサービス等を活用すると良いでしょう。

独立系FPは中立的な立場でアドバイスしてくれるので、保険販売員よりも安心して相談する事ができるのでおすすめです。

以上のように子供ができましたら大きめの死亡保障が必要になりますので、しっかりと今までの生命保険の見直しをして大きめの保証を付けるようにしてください。その際の必要保証額についてはしっかりと計算する必要があり、保険販売員の言いなりにならないように注意が必要です。必要保証額については以下で解説していますので参考にしてみてください。

参考:生命保険を選ぶときは必要保証額を知る事が重要

子供が独立してからの生命保険の選び方

子供が成長して独立した後は夫婦2人になります。その時は今までの様な大きな保証は不必要になるので保険の見直しをする必要があります。子供たちが独立した後は死亡保証よりも医療保険を中心に考えた方が良いでしょう。

若い頃から大手の生命保険会社の更新型の保険商品に加入している場合は、更新する事によって保険料が高くなる事がありますので見直しをする必要があります。保険料が高くなってまで更新をする必要は無いと思いますので、不要な特約等を外してしっかりと見直しをする事がポイントとなってきます。

hoken-sentaku2

大きな死亡保証は不要になる

子供が独立した場合は今までの様な大きな死亡保証は必要ではなくなります。このステージに来るまでに貯蓄が溜まっているのであれば葬儀関連費用の300万円程の保証額にしておいて保険料をなるべく抑えるようにしておいた方が良いでしょう。そして、生活費や今後の介護費用対策として貯蓄をしておいた方が良いでしょう。

終身医療保険に加入しましょう

医療保険に加入する場合は終身医療保険にしましょう。終身医療保険は一生涯保証が続くので安心です。このステージになると医療保険は若い頃よりも保険料が高くなってしまいますので日々の生活の事も考慮して加入するようにしましょう。

以上のように子供たちが独立した後は大きな死亡保証は必要なくなってしまいます。ですから、医療保険を中心に考える必要があります。更新等がある場合は、不要な特約等を外したりしてなるべく保険料が少なくなるようにしましょう。

ただし、相続税対策等を考えているのであれば、大きめの死亡保障の保険を継続しておくと言うのも1つの方法と言えるでしょう。このような場合の事については保険の相談も兼ねて、生涯設計の専門家でもあるFP(ファイナンシャルプランナー)に無料相談してみると良いのではないでしょうか。

>>保険の新規加入や見直しの相談がFP(ファイナンシャルプランナー)に無料でできる保険無料相談サービス

スポンサーリンク