低解約返戻金型保険とは

「低解約返戻金型保険」をご存知でしょうか?低解約返戻金型保険は、あまり聞きなれない保険商品ですが、場合によっては学資保険や個人年金保険よりも有効になる場合がある保険商品です。低解約返戻金型保険とは簡単に説明しますと、「保険料支払い期間中の解約返戻金を低く抑えて毎月の保険料を割安に設定した保険商品」の事です。

今回は低解約返戻金型保険について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

低解約返戻金型保険

解約返戻金とは、解約した際に保険会社から戻ってくるお金の事です。基本的に保険商品は払込み完了前に解約した場合でも、過去に支払った年数に応じた解約返戻金を受取る事ができるのですが、低解約返戻金型保険の場合は途中解約すると「元本の7割程度」しか返金されないのです。

つまり、低解約返戻金型保険の場合は途中解約すると大きく元本割れを起こしてしまい、返戻率がとても悪くなってしまうのです。返戻率とは、払い込んだ保険料に対して戻ってくる返戻金の割合の事を言います。基本的に解約返戻金の返戻率は契約時に決まっていて、契約の経過年数に応じて変化していきます。

teikaiyaku

上記画像は低解約返戻金型保険の例です。払込み期間中に解約した場合は解約返戻金が少ないのですが、払込み期間が完了(満期)してから解約すると返戻金が一気に多くなっている事が分かります。しかも、その後保険料払い込みが終わっているのに解約返戻金が増えて行っているのが分かると思います。

つまり、低解約返戻金型保険は保険料の払込みが完了して満期が来ているのにも関わらず、その時にお金が必要なければ解約せずに据え置く事でどんどん返戻金を増やす事ができる保険商品なのです。据え置けば据え置くほど返戻率が上がるお得な保険商品と言う事です。

しかも、低解約返戻金型保険は生命保険商品になりますので死亡した場合も保険金がおりる死亡保証付きの保険商品なので安心なのです。

低解約返戻金型保険の契約例

【低解約返戻金型保険 例】

被保険者 男性(30歳)
死亡保険金 1,000万円
保険期間 終身(60歳満期)
月額保険料 15,600円

上記の内容を基に途中解約した場合と満期時、据え置いた場合の返戻金はどのようになるのか見ていきましょう。

  低解約返戻金型保険
払込み保険料総額 解約返戻金 解約時返戻率
40歳時 1,872,000円 1,310,400円 70.0%
50歳時 3,744,000円 2,751,840円 73.5%
60歳時満期前 5,616,000円 4,442,256円 79.1%
60歳時満期後 6,379,776円 113.6%
70歳時 6,896,448円 122.8%

中途解約をした場合は返戻率が低く解約返戻金が少ない為大きく損をしてしまうのですが、満期以降に解約した場合に受け取れる解約返戻金は多くなります。また、低解約返戻金型保険の特徴は、満期時に解約しないで据え置く事が可能なので、据え置く期間が長ければ長いほど返戻率が上がり解約時に受け取れる返戻金も多くなるのです。

一般的な死亡保険付き生命保険の場合

【死亡保険付き生命保険 例】

被保険者 男性(30歳)
死亡保険金 1,000万円
保険期間 終身(60歳満期)
月額保険料 18,600円

上記の内容を基に途中解約した場合と満期時、据え置いた場合の返戻金はどのようになるのか見ていきましょう。

  低解約返戻金型保険
払込み保険料総額 解約返戻金 解約時返戻率
40歳時 2,232,000円 1,921,752円 86.1%
50歳時 4,464,000円 4,071,168円 91.2%
60歳時満期前 6,696,000円 6,481,728円 96.8%
60歳時満期後 6,488,424円 96.9%
70歳時 6,896,448円 102.9%

低解約返戻金型保険と一般的な生命保険を比較すると、70歳時点で受け取れる保険金は同じなのに対して毎月の保険料と支払い総額が低解約返戻金型保険の方が圧倒的に安い事が分かります。途中解約する場合を考えると、一般的な生命保険の方がお得なのですが、満期まで継続する場合だと圧倒的に低解約返戻金型保険の方がお得になります。

毎月の保険料が安く支払総額も割安なのに、保険期間満了後により多く解約返戻金を受け取る事ができるのが低解約返戻金型保険のメリットであり特徴と言う事です。しかも、死亡保険付きなので万が一満期までに死亡した場合でも死亡保険金を受け取る事ができるので安心ですね。

以上のような理由から最近では学資保険や個人年金保険のような貯蓄型の保険商品を利用しないで、代わりに低解約返戻金型保険を利用する方も増えてきているのです。特に、目的なく学資保険に加入していると言う場合は低解約返戻金型保険の方が将来の事を考えるとお得なのではないでしょうか?

確実に子供が将来大学に進学すると言う事が分かっているのであれば学資保険で何の問題も無いと思いますが、万が一大学に進学しないとなった場合学資保険だと据え置く事ができずに解約返戻金を祝金と言うかたちで受け取る必要があるのです。

しかし、これが学資保険ではなく低解約返戻金型保険の場合だと、満期時にお金が必要ない場合は解約せずに据え置く事ができどんどん解約返戻金が増えていくのです。そして、お金が必要になった時に解約する事で、通常の貯蓄型保険よりも返戻率も高くなるので多くの返戻金を受け取る事ができるのです。

割安な保険料で死亡保障まで付いていて貯蓄も兼ね備えているお得な保険が低解約返戻金型保険なのです。

参考:学資保険よりも低解約返戻金型保険の方がお得?

低解約返戻金型保険は、途中解約する事なく満期を迎えるとかなり返戻率が高くなるので多くの返戻金を受け取る事ができます。しかも据え置く事も可能で、据え置く機関が流ければ長いほど返戻率も上がるのでとてもお得な保険商品なのです。

最近は、学資保険や個人年金保険の代わりに低解約返戻金型保険を利用する方も増えてきています。また、近年は低金利の時代なので、金融機関に貯蓄をするよりも低解約返戻金型保険の方がお得なので、貯金目的で低解約返戻金型保険を利用する方も多くなっています。

また、学資保険のように開始時期等が決まっていないので、保険開始時期や払込み期間(満期時)を自由に決めれるので子供が生まれる前から加入する事ができるので早めに積立てを始めたいと言う方にも最適な保険商品と言う事が言えます。

夫婦のライフプランに応じて自由なタイミングで貯蓄する事ができる唯一の保険商品なのです。使い方によってはとても有効的な保険商品なので、老後の生活資金を貯蓄する目的としても最適な商品となります。それから、万が一被保険者が死亡した場合でも「死亡保障」が付いているので、満期に関係なくその時点でまとまった保険金を受け取る事ができるのです。

貯蓄目的で利用するにはおすすめの保険が、低解約返戻金型保険になります。

>>保険の新規加入や見直しの相談がFP(ファイナンシャルプランナー)に無料でできる保険無料相談サービス

スポンサーリンク